離職者

Alexander Getmanenko
役職
特任研究員 (from 2009/09/01 to 2012/08/31)
現在の所属
Universidad de Los Andes
Assistant Professor

URL
https://matematicas.uniandes.edu.co/index.php/personas/profesores
PHOTO

Last Update 2020/05/08

私の研究は、複素領域上のシュレディンガー方程式、準古典近似、および摂動的漸近挙動と非摂動的漸近挙動を結びつける「再生関数の理論」に関するものです。これらの手法によって取り扱われる量子トンネル効果の問題の中で、私はウィッテン・ラプラシアンを研究しています。その固有関数はストリング理論のシンプレクティック幾何学による定式化に使われる擬正則円盤の情報を含んでいると期待されています。私は微分方程式に対する複素解析的手法に伝統を有する日本に来たことで非常に刺激を受けています。


Back to Member List.