離職者

Rene Meyer
役職
特任研究員 (from 2012/09/08 to 2015/09/30)
現在の所属
Theoretical Physics III, Julius Maximilian University of Würzburg
Lecturer

URL
https://www.physik.uni-wuerzburg.de/en/tp3/people/senior-researcher/dr-rene-meyer/
PHOTO

Last Update 2021/04/06

私は主として強結合・強相関の実在する系、例えばクォーク・グルーオンプラズマ、銅酸化物高温超伝導体、分数量子ホール効果などへのゲージ/重力双対性の応用に関する研究を行っています。フェルミオンが関与するこれらの系は、格子ゲージ理論や凝縮系の物理で通常使われる近似は大抵の場合役に立たず、従ってその物理は捉え所がない状況です。私の研究の目標は、超弦理論によって触発された、強結合・強相関問題の重力の自由度という言葉を用いた再定式化である゙ージ/重力双対性を利用して、これらの問題のダイナミクスに関する新しい知見を得ることと、運が良ければこれらの系を完全に解明することです。


Back to Member List.