離職者

Kenneth John Shackleton
役職
特任研究員 (from 2008/10/16 to 2011/10/15)
現在の所属
Bloomberg LP, Company
Senior Software Engineer

URL
https://uk.linkedin.com/in/shackleton
PHOTO

Last Update 2021/04/13

低次元トポロジーと幾何学的群論で面白い戦略は、コンパクトな多様体、または有限生成群に対し、連結したグラフを対応させることです。それは、群の大域的な幾何構造を(ケーリーグラフを通じて)研究するグロモフのプログラム、ミンスキーらによるサーストンのELC(終端層状構造予想)に対する解、あるいは、ハッチャー・サーストンによる曲面の写像類群の有限表示を与えるアルゴリズム、などを見れば明らかです。その目的は、常に、陰に隠れた主役を引き出すことなのです。そうすると、それらは一人歩きし始めるのです。


Back to Member List.