離職者

杉山 尚徳
役職
東京大学特別研究員 (from 2016/04/01 to 2019/03/31) [JSPS Fellow]
特任研究員 (from 2014/11/01 to 2016/03/31)
現在の所属
国立天文台(三鷹キャンパス)
国立天文台フェロー特任助教

PHOTO

Last Update 2021/04/14

私の主な研究テーマは、宇宙論への理論的なアプローチです。特に、初期宇宙におけるインフレーション期に現在の宇宙の構造の“タネ”となる原始密度揺らぎがどのように生成されたのか、そしてその揺らぎをもとにして現在の宇宙の大規模構造が重力の不安定性に従ってどのように形成されてきたのかに関心があります。宇宙の階層構造は主に重力によってのみ引き起こされるので, その進化を追うということは, ひいては過去から現在まで宇宙を支配してきた重力について調べることにつながります。

私はこれまでインフレーション期において生成された揺らぎの統計的性質を研究し, そしてそれをもとに宇宙大規模構造における銀河の統計的空間分布を解析的に解くことを試みてきました。自分の研究の中で作った理論モデルを用いて, 重力の様々な性質を明らかにすることを最終的なゴールとして, 今後も研究に邁進していきたいと思います。


Back to Member List.