構成員

Benjamin Pascal Jean-Marie Guillaume Quilain
役職
特任研究員 (from 2017/09/01 )
研究分野
実験物理学 (ニュートリノ物理学)
E-Mail
<benjamin.quilain _at_ ipmu.jp> 
PHOTO

Last Update 2019/07/30

これまでにバリオンセクターで物質と反物質の非対称性が測定されていますが、その値は小さすぎて私たちの宇宙が物質優勢であることを現実的な宇宙のインフレーション・シナリオと矛盾なく説明することができません。私は、レプトンセクターでこの非対称性を T2Kおよびスーパーカミオカンデ実験におけるニュートリノ振動を通じて探す研究を行います。ミューニュートリノビーム中で電子ニュートリノの出現を観測した後、私たちは最近反ニュートリノが異なった振動をするかもしれないというヒントを示しました。私は、系統的誤差を減らすことと、T2Kとスーパーカミオカンデの同時解析により、この非対称性の証拠を示すことを目指します。


Back to Member List.