離職者

Marcos Valdes
役職
東京大学特別研究員 (from 2008/11/13 to 2010/11/12)
現在の所属
Virtual Immersions in Science, Company
Scientific Director

PHOTO

Last Update 2020/06/19

私は、宇宙の「暗黒時代」の終焉期を特徴づける宇宙の再イオン化過程および高赤方偏移宇宙の物理過程を主に研究しています。特に、中性水素原子の超微細構造遷移の21cm放射に関するサイエンスに焦点を合わせています。近い将来、次世代の電波望遠鏡による21cm線の観測が可能になり、宇宙の再イオン化以前、あるいはその最中の中性銀河間物質(IGM)の物理状態を直接研究できるようになります。また、私はダークマターの崩壊と消滅反応が高赤方偏移のIGMに及ぼす影響と、結果として21cm線に及ぼす影響を研究しています。実際、もしIGMに特徴的な痕跡を残すならば、最もポピュラーなダークマター候補に対して制限をつけることができます。


Back to Member List.