離職者

Jonathan Maltz
役職
特任研究員 (from 2013/09/16 to 2015/09/17)
現在の所属
eBAY, Company
Applied Researcher (Machine Learning)

PHOTO

Last Update 2021/04/14

私はFRW-CFTおよびdS-CFTによるド・ジッター空間と初期宇宙に関する宇宙論の定式化を中心に研究を行っています。私が興味をもっているものには、数理物理学、リューヴィルの定理、非臨界弦の理論、それから種々の超弦理論を統合するM理論と全ての超弦理論を互いに結びつける双対性の定式化の拡張などがあります。また、私はヴァシリエフの高いスピンに拡張された重力理論とそれがAdS-CFT対応の新しい極限および行列模型の種々の側面を探る上でどのように関係しているかについても研究を進めています。私は場の理論とM理論の非摂動的側面にも興味があります。  私はこれまでスタンフォード大学の大学院生として行ってきた学際的、多面的な研究の経験を初めてポスドクとして継続する訳ですが、その目的にはKavli IPMUは完璧な場と言えます。


Back to Member List.