構成員

Sergey Blinnikov
役職
客員上級科学研究員 (from 2014/01/17 )
show past_positions
本務地
National Research Center “ Kurchatov Institute”, Institute for Theoretical and Experimental Physics

研究分野
天文学
E-Mail
<sergei.blinnikov _at_ itep.ru> 
URL
https://dau.itep.ru/sn2/team/sergei-blinnikov
PHOTO

Last Update 2022/11/21

現在、私は超新星理論を主に研究しており、超新星超新星やその他の特定の天体についてK.Nomoto氏と共同で研究しています。私がモスクワのYa.B. ZeldovichグループのPhDの学生およびポスドクの時にGena Bisnovatyi-Koganと一緒に付着円盤上のコロナを発見しました。 1980年代に私はITEPに移り、先駆けてDark MatterのモデルとしてM.KhlopovとともにMirror Matterを天文学への応用し、二重中性子星の合体時における短いガンマ線バースト(GRB)の予言を行いました。 GRB170817の重力波の発見後、上記の二重中性子星の合体時におけるGRBを最初の予言はある程度注目されましたが、GRBのスペクトル範囲10- 100keVで Eiso <1e47 ergで最大吐出速度はc / 3であるということは顧みられませんでした。我々はむしろこのような弱いGRBと微弱な超新星の予測については悲観的でした。しかし、GRB170817Aではこれらの数字はすべて実際の観測値と合致し、現在は「kilonova」と呼ばれています。


Back to Member List.